結婚式の招待状作成したものの、発送はどのようにすれば良いのか迷うこともあるのではないでしょうか。こちらでは招待状の発送について知っておきたい事項をご紹介します。

 

招待状を郵送するとき

 

招待状の投函日は、仏滅以外の日を選ぶのが基本です。消印日が「大安」または「友引」になるように送りましょう。郵送する場合は、大安や友引の午前中にポストに投函しておけば、その日の消印が押されるはずです。ポストに投函することは間違いではありませんが、雨の日に投函すると、水に濡れて文字がにじんでしまったり、他の郵便物と重なって汚れてしまう可能性が高くなりますので、郵便局に直接持って行くことをおすすめします。

 

招待状を手渡すとき

 

本来、招待状は全て手渡しするのが理想的です。目上の方や、祝辞や余興などをお願いしたいゲスト様には、招待状はなるべく手渡ししましょう。 手渡す前に、結婚の報告や依頼のお願いの電話をしておくと好印象です。手渡しの招待状に同封する返信ハガキの切手の貼り忘れには気をつけましょう。基本的に住所は書かず、封をしないで渡します。

 

両親への招待状について

 

結婚式は、新郎新婦二人のご両親にとっても大切な儀式です。他のゲスト様と同じように招待状を送るのはあまり好ましくありません。本来、招待状は両家からゲスト様に出されるものです。ご両親の思いを十分に受け取って、招待状を作成する際はできるだけ相談し、完成したら手渡しすると良いでしょう。結婚するまで立派に育ててくれたご両親への感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

 

招待状作成をお考えでしたら、Smitten Paper & Propsのテンプレートをご利用ください。好みのテンプレートに、お二人らしいエッセンスを加えた招待状をDIY(手作り)で作ることができます。今後も、様々なデザインコレクション、様々なペーパーアイテムを展開していきたいと考えております。素敵な手作り結婚式のお役に立つことができれば幸いです。